メニュー

治療について - 練馬区上石神井のフェニックス鍼灸治療室

治療案内
治療案内

治療について

人間の身体に西洋医学も東洋医学も無いことを理解する。

人間の身体に西洋医学も東洋医学も無いことを理解する。

「私の身体は東洋医学に向かないのよ。」「僕は西洋医学しか信じないな・・・」など、世間一般ではまだ詳しい事が知られていない現状があります。

手短に言うと、西洋医学は気質的疾患時(医学的に医療が必要な状態)を担い、東洋医学は機能的疾患(医療が必要になる前の状態)を担当します。

つまり、医療が必要な状態なのにずるずると東洋医学で何とかしようとしても担当する部分が違うのです。この事を東洋医療を行う者は冷静に理解するべきなのです。
反対に、機能的疾患にも関わらず、西洋医学のみに依存する事により回復を遅らせてしまう例が多く見受けられます。

病気ではないのに、症状が消失しない。体の機能低下に起因する運動障害。 すなわち肩コリ、腰痛、神経痛等または自律神経障害など、これらは我々が最も得意とする分野なのです。

体の反応は千差万別である。

体の反応は千差万別である。

人がコップ一杯のお酒を飲酒する事を例にとってみても、その反応は様々です。 またその日の体調によっても、反応は変化するものです。

つまり、我々の治療でも同様の事が言えます。
同じ症状で同じ刺激量を加えたとしても、患者様によって反応は様々です。
「この症状だったら通院何回で治る」など決められるわけも無く、通り一遍の治療ではそれなりの反応しかでません。

正しい治療とは、人それぞれの反応量を診て、刺激の種類や量を調整する事です。
一般的にはオーダーメイド治療と呼ばれますがこれらは長い経験と技術が必要となります。
治療歴25年 施術人数45000人を超えるからこそ自信を持って言える言葉です。

一つの症状は一つの原因ではない

一つの症状は一つの原因ではない

ある症状がある時、骨盤や背骨の歪みに起因する事であると、一つの原因に求めがちですが、全ての症状は一つの原因にあるとは思えません。一つの原因にとらわれるることにより改善から遠のくはこのためと考えられるのではないでしょうか?

長い間の生活習慣、加齢による退行性変性、精神的要因、遺伝的要因、筋力の問題、骨格等の構造上の問題、血液や軟部組織の変性。
それらをすべて考慮に入れて治療しております。

まずは体を緩めるということ

まずは体を緩めるということ

体に起因する症状の多くは使いすぎやストレスによるものです。
そしてそれらがコリとして体に現れます。
このコリが痛みや自律神経症状等を引き起こします。
当治療室ではそのコリを緩める事を最大の目標においております。
つらいコリをほぐす事により体が本来もっている状態に自然と戻ることになります。

不必要な治療はしない

不必要な治療はしない

症状が消失しているにも関わらず 骨盤のゆがみや 姿勢の矯正で回数券の販売や継続通院を促す行為が見受けられますが当治療室では患者様の自覚症状を最も重要視しております。

症状が消失すれば不必要な治療は一切行わない方針でおこなっております。
したがいまして回数券の販売は行っておらず一回の料金も一般的な回数券の料金以下に設定しておりますので安心して御来院ください。