メニュー

クーラー病対策 冷房病対策 - 練馬区上石神井のフェニックス鍼灸治療室

治療案内
治療案内

ブログ「フェニックスのあれこれ」

日々の出来事、健康に関する事をブログにアップしたいと思います。

クーラー病対策 冷房病対策

作成日:2016年07月01日(金)

練馬区上石神井で肩こり、腰痛、神経痛などの

冷え取り専門治療院の

フェニックス鍼灸治療室です。

 

7月に入り急激に気温が上昇してます。

今年は例年より梅雨明けが早いのでしょうか。

テレビなどの報道機関もしきりに熱中症対策を訴えています。

 

熱中症対策としては水分補給と温度管理が重要になり、

どちらかといと屋外で活動する方がなりやすく

それ以外では冷房の冷たさが苦手な高齢者が多いです。

 

その反対に冷房の冷たさに身体が順応できず体調を崩すのを

クーラー病 冷房病 と言われてます。

外気温が30度以上あり汗をかいた後にエアコンの効いた空間に入れば

誰でも寒さを感じてしまいます。

電車や車の中、スーパーの中、レストランや飲食店

お客様のために冷房を強くすることは、致し方ないかもせれまん。

この急激な温度変化は身体の温度調節機能を極端に下げ体力を奪います。

またオフィスなどでは極端に温度が低い事は少なくなったようですが、

ほとんどの仕事がパソコン上での業務のため、

身体の活動はほとんどありません。

たたでさえ血流が悪くなる作業している上に

不自然な低温に冷たい風に一日中当たれば

体がだるい 

疲れやすい

食欲不振

下痢

身体が冷える

気分がさえない

肩こりや腰痛が悪化する

といった症状に悩まされます。

 

本来人間の身体は温度を一定に保とうとする能力が備わっています。

夏の暑い時期は体温が上がれば汗をかき熱を外に出そうとします。

極端に温度が下がれば身体が震えたりして熱を作ろうとします。

人間も動物なので本来季節に応じた反応をするはずなのに

短い時間での温度調節機能はそれほど強くはないので

自律神経のバランスを多く崩しても不思議ではありません。

 

 クーラー病対策 冷房病対策には・・

当治療室ではもみこみ温灸で熱を込めて治療してますが

冷え性からくる症状とクーラー病 冷房病は似てるようで

症状は少し違いますが多くの方に共通しているのは

お腹の冷えです

お腹の冷えとして質の良い腹巻なども販売されてますが

お勧めなのはレンジでチンするい大き目のカイロです。

仰向けに寝た状態で腹式呼吸します。

大きく息を吸ったときはお腹の下をはらませます。

そして大きく息を吐くときお腹の空気をへこましながら出します。

このときお腹に大きいカイロをお腹に抱いてみます。

ここからが大きなポイントになります!

大きく息を吐くときお腹をへこませながらお腹の上のカイロを

手で上から押し込んでいきます。

カイロをの熱を押し込む感じです。

お腹というのは冷えやすい場所でありますが

反対に熱を込めやすい場所でもあります。

また全身の内臓が集まりお腹が冷えれば免疫力が下がり

様々な症状を引き起こします。

お腹が温まれば回復力も上がり

クーラー病 冷房病のつらい症状も緩和します

 

そして

第二のポイントがふくらはぎです。

クーラー病 冷房病の方 冷え性の方は

ふくらはぎがだるいなどの症状が出ています。

ふくらはぎもお腹と同様に冷えやすく温めやすい場所です。

やはり大き目のカイロを温めた後に

少し高めの枕に置きます。仰向けににてその上に

ふくらはぎをのせるだけでも気持ちよく温まりますので

ふくらはぎのだるさには効果的です。

 

ドライヤーで素早く温める

東洋医学では風邪(かぜ)とかいて「ふうじゃ」と呼びます。

冷えにも下半身に冷えが滞るものにはお腹やふくらはぎなど

深い場所に冷えが貯まります。これを湿邪(しつじゃ)とも言います。

対して上半身の冷えには風邪(ふうじゃ)と比較的浅い場所に冷えがあります。

これらにはドライヤーで首の付け根から背中にかけて万遍なく軽く3~4分位、

温めるだけでも効果的です。

 

 

クーラー病 冷房病でお悩みなら

もみこみ温灸

お試しください。

 

 

 

 

 

 西武新宿線 急行停車駅上石神井駅徒歩2分

腰痛 肩こり 神経痛でお悩みなら

練馬区 上石神井で開業24年のフェニックス鍼灸治療室へ

 

お電話の予約はこちらから03-3594-2273

 

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはLINEで24時間受付中です。

ライン