メニュー

冷え性 足首の冷え - 練馬区上石神井のフェニックス鍼灸治療室

治療案内
治療案内

ブログ「フェニックスのあれこれ」

日々の出来事、健康に関する事をブログにアップしたいと思います。

冷え性 足首の冷え

作成日:2016年05月20日(金)

練馬区上石神井で肩こり、腰痛、神経痛など

痛み凝り専門治療院の

フェニックス鍼灸治療室です。

 

冷え性で悩まされてる方の共通した症状は足首の冷えがあることです。

 

足先 ふくらはぎ お腹 お尻 多くの場所で冷えを感じますが、

足首も冷える場所です。

 

足首が冷える特徴と原因

気温が下がる冬はもちろんですが夏場はサンダルを履いたり靴下などを履かない事と

冷房により足もとより冷えが生じます。

夏場暑ければ暑いほど冷房を強くかけてしまいますが、冷房が効いた室内の足元の

温度と顔付近の温度差は相当激しく5度以上あるそうです。

夏場は薄着の上に上半身は暑いので冬場より身体が冷える環境が整ってしまいます。 

長い時間のハイヒールを履いたり立ち仕事や革靴を履いて長時間歩くことにより

足全体に疲労がたまると足首周りの血液の循環が悪くなり足の首の関節が固くなることも

足首が冷える原因ともなります。

足首が冷えることにより足先に行く血流も悪くなり足先の冷えも強くなります。

足先の血流も足首が冷えて固いと戻りにくくなり温まりにくくなります。

足首はふくらはぎの大きな筋肉が付く場所ですのでふくらはぎの冷えや疲れの

大元ともなります。

 

中高年になってから起こされるアキレス腱断裂なども足首の柔軟性から引き起こされることから

足首の冷えも原因の一つかもしれません。

 

足首が冷えて足首の動き悪くなると腰の動きにも関連します。

ぎっくり腰や腰痛でも足首周りのツボを刺激することにより

腰を触らず大きく改善することもめずらしくありません。

 

足先の冷えやふくらはぎ冷えの需要ポイントなる足首は

 

足の冷えの関所と言えます。

 

足首は冷えやすく温まりにくい場所です。

足首が冷えやすい原因は上記通りですが、

反対に一度冷えた足首は筋肉が少ないことリンパの流れが悪いことにより

一般的には温めるのが難しい場所です。

足首には冷えや生理痛などに効くと言われる三陰交といれるツボがあります。

ツボ押しといれるように内くるぶしの上4~5センチの上を指で押します。

残念ながら・・・・

 このツボを押して冷えた足首が温まることはないです。

 ツボではないのですが

踵の真上アキレス腱の部分4~5センチの範囲を両親指を重ねて

かなり強めに押さえると足先に血が流れる感じがしますので、

三陰交のツボ押しより効果はあります。

ツボ押しで血流で効果あるポイントの多くは筋肉の深い場所にあり

ご自分では少し難しいかもしれません。

 

ご自宅で足首の冷えを改善する方法としては

◎ 市販されているセンネン灸などを使います。

  一般的な三陰交よりも足首の関節周りが効果的です

 

◎ 足首周りをレンジでチンするホカロンで温める。

  センネン灸より長い時間温める事はできます。

 

◎ 足首をぐるぐる回す

  血流が悪くなり関節の動きも少なくなっているので

  非常に効果てきです。

 

◎ アキレス腱やふくらはぎのストレッチ

  足首の冷えにはアキレス腱のストレッチが特に効果的ですが

  あわせてふくらはぎのストレッチもしておきたいです。

 

治療

足首の冷えには温灸マッサージは実に効果的に温める事が出来ます。

一般的な鍼灸治療では鍼ではツボに刺すに過ぎずお灸も短時間温めるに

過ぎません。

通常の指圧マッサージでは血流は良くなるものの温めるという概念はありません。

温灸マッサージでは足首全体を温めると同時に熱をもみこむ、

今までにない治療法です。

 

足首の冷えでお悩みの方は温灸マッサージ を御体験ください。

 

 

 西武新宿線 急行停車駅上石神井駅徒歩2分

腰痛 肩こり 神経痛でお悩みなら

練馬区 上石神井で開業24年のフェニックス鍼灸治療室へ

 

お電話の予約はこちらから03-3594-2273

 

お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせはLINEで24時間受付中です。

ライン