メニュー

40肩と50肩の違い - 練馬区上石神井のフェニックス鍼灸治療室

治療案内
治療案内

ブログ「フェニックスのあれこれ」

日々の出来事、健康に関する事をブログにアップしたいと思います。

40肩と50肩の違い

作成日:2015年02月20日(金)

60代の男性の肩の関節いわゆる50肩で治療中の方

夜の痛みもなくなって昼間の動きの制限も取れ始め肩コリ感が残っています。

夜の痛みがなくなると精神的にも肉体的にも、だいぶ楽になってくるようです。

冗談もでるようになってきました(笑)

「今までの肩の痛みは40肩?それとも50肩?俺は若いから40肩だろう」

とのこでしたが・・・・

残念ながら40肩も50肩も総称でして症状は同じです。

病名では肩関節周囲炎といいましてはっきりとした原因もなく肩の動きの制限や痛みがでてしまうことを言うようです。(はっきりした原因でも50肩に移行する場合もあるのですが)

 60歳でも70歳でも50肩になります。しかし40代でもなる場合もあります。

10代20代ではほとんどないので、やはり年齢からくる老化は否めないでしょう。

そうすると60代で発症すると若いとも言えるかもしれません。

そんな訳で同じものなのですが、その方の肩の痛みは「40肩!」ということになりました(笑)

あまり嬉しくない若さかもしれませんが40代で50肩と言われると落ち込みますもんね。

 

40肩50肩の治療は一般的に少し長期戦になることが多いですが、確実に治る症状です。

お悩みの方はご相談ください。

 

関連記事

 

50肩と糖尿病

 

打撲による50肩?